選択してきた意味を咀嚼することで開く扉。

こんにちは。八ヶ岳西麓・長野県の原村から魂の道をサポートする林美代子です。

セッションやチャート解読をしていくと、わたしもいつも学ばせてもらうことが多く、それを書き留めておこうと思いつつ、いつも時間が過ぎています・・・

というわけで、今回は忘れないうちに。

 

今回も、素敵なご縁をいただき、自分を深く知り、変容を促すセッションをさせていただきました。

カモワン・タロットで見つけたんだっけか、もうわかんなくなっちゃいました・・・とご依頼者さま。

こういうの、実はすごくうれしいです。なんだかよくわかんないけど、美代子さんのところにきてみました、っていうの。

ありがとうございます。

 

このセッションでは、タロット数秘、宿曜占星術→西洋占星術→ヒューマンデザインの順番でチャートを読み解いていくのですが、
まずは膨大なデータを書き出して、目を通して、そこから最初に全体像をお伝えするためのまとめをつくるのです。

 

そのまとめが、実は一番時間がかかります。でも、そこが一番楽しかったりもします。

 

 

こういう感じで、チャートや表に書き込みながら、データを洗い出し、それに目を通しながら、キーポイントとなるものをインスピレーションとともに、ひろって、まとめていくのです。

 

西洋占星術は、少し前からネイタルと龍頭の両方を拝見して、若いうちはこうだけど、成熟してくるとこちらの方向にいくかもね。

ということも注目するようにしています。

 

ヒューマンデザインは、持っている性質を細かく拝見して、生まれやすいパターンや葛藤、

そもそもの傾向の部分を西洋占星術のネイタルと合わせながら読んでいくのです。

 

そして、解説セッションで2時間~3時間、お時間をいただくのですが、

今回のご依頼者様は「自分はこっちが好きだろうと思っていたし、実感していたけど、途中からこういう選択をしてしまって」とその選択自体を後悔していらっしゃいました。

 

それでも。

チャート全体の性質から読み取れる「まずは確保したほうがいいもの」を取りに行った選択だったという解釈ができるのです。

そういう視点でみていくと、

 

この選択も、今のために必要だったんだな・・・・

 

と氣づくことができますね。

 

よくスピリチュアルな本に「すべてが必要であり、流れである。」ようなことが書かれています。

特に「失敗したなー」って思うことに関してはここ、大切にしたくなりますね。

 

しかし、これって読めば「まあそうだよね」ってわかった感じになるのですが、実はなかなか腑に落とすのは難しかったりします。

 

大切なのは、自分の経験と、自分の性質と、いろんな感情を

 

じぶんのもの

 

として、咀嚼して腑に落としていくことです。

 

特に、自分の性質と照らし合わせていくことで「ああ、この視点からだとそうなるんだな」ってまた理解の器が広がっていくんですね。

そうすることで、初めて自分が「失敗だったかも」と思ったような経験が昇華され、自分の糧となり、新しい扉が開くのだと思います。

 

 

セッション前は一番キーとなりそうなチャクラカードにてエネルギーチャージ。

今回のご依頼者様は、表現、アウトプットのスロートチャクラでした。

 

これだ!!という氣づきを得る場合もありますが、

たいていの場合はじわじわと、「ああ、これがこうなって、こうだから・・・」とパズルをはめていくように

何かをつないでいくように

人それぞれ、いろんな形で咀嚼していかれます。

 

そんな様子をみさせていただくこと、表情が変わっていく様子。そういう時間がとてもわたしにとっては、ありがたい学びなのです。

そして、数か月後、数年後に劇的に変わられている様子を拝見するのも、また楽しみだったりしますね。

 

今回も、素敵な時間をいただきました。ありがとうございました。

 

☆自分を深く知り、変容のきっかけになるセッションはこちら→自分を深く知り、変容を促すセッション